3月の食べる元気「ひなまつりメニュー」 

3月の食べる元気はひなまつりメニューです。
一見ピンクのババロアはスプーンですくうと三色になっていて、なんだか得をしたような嬉しい気持ちになります!
お雛様と一緒に飾る三色のひし餅。ひし餅にはそれぞれ薬草が加えられていて、赤はクチナシの実で解毒作用。白は菱の実で胃腸の働きを整える、血圧を下げる。緑は母子草で咳止めなどそれぞれ役割があるようです。
また色にも意味付けがあり、赤は桃の花で魔除け。緑は新緑で厄除け・健康。白は雪で子孫繁栄・長寿などの願いが込められているそうです。諸説あるようですが、古くからの伝統がこうして引き継がれているのはとても素敵なことですね。
    


 

 

本日の献立

 

おひなちらし
天ぷら
吸物
三色ババロア
600kcal

 

 

 


 

 

気分も晴れやかになる
おんなのこの節句
ステキなひなまつりになるよう
想いを込めて作りました。

 

 

管理栄養士からのひとこと

今月は、ひなまつりメニューの紹介です。散らし寿司に天ぷら、三食ババロアと華やかなメニューとなり、患者様にも喜んでいただけました。
皆さんは、ひなまつりにどんなものを食べられますか?
散らし寿司やはまぐり、ひし餅やひなあられ...それぞれに願いや想いが込められていますね(*^^*)
今回は『ひなあられ』について、少しご紹介したいと思います。関東と関西で、見た目や味に違いがあることをご存知でしょうか。
一般的に、関東は米粒大で、ポン菓子を砂糖で味付けした甘いものだそうです。
関西は1センチ程度で丸く、お餅からできており、醤油や塩味のしょぱいあられです。
現代では、味や種類も多様で豊富となっており、昔に比べ地域による違いも少なくなってきているようです。
女の子の健やかな成長を祈る日。また、春の訪れを感じる時期でもあります。
ひな人形を飾ったり、縁起のよい物を食べて楽しみましょう♪

© Ryokushun Hospital. All rights Reserved.