7月の作業療法室の取り組み 

梅雨が明け、これから夏本番の季節が到来します。 

今回の作業療法の取り組みは、『園芸』です。


毎年、夏野菜の栽培にOTスタッフと患者さんが一緒になって取り組んでいます。

「今日も水やりをしないといけない」や「もう食べれるのではないか」といった会話が日々聞かれています!

園芸という作業を通じて、患者さんが能動的に活動されている様子をみると、こちらも大変元気づけられます。


今後も作業療法室スタッフ一同、日々知識や技術の向上に努めていき、患者さんの活動に繋がる作業療法を提供していきたいと思います(^o^)/

© Ryokushun Hospital. All rights Reserved.