家でできる運動不足対策 


今年は新型コロナウイルスの影響で例年に比べ、家の中で過ごす時間が増えた方々もたくさんおられるのではないかと思います。
高齢者の方々にとっては生活が不活発となる事で、虚弱が進み心身や脳の機能が低下していくと言われています。そのため、動かない時間を減らし自宅でも出来るちょっとした運動で虚弱を予防していく事が大切です。
運動や栄養の面から虚弱を予防する上で必要とされている事について、4つ紹介したいと思います。

①座っている時間を減らしましょう
 立ったり歩いたりする時間を増やすことが重要です。テレビのコマーシャル中に足踏みしてみるなど身体を動かしましょう。

②筋肉を維持しましょう
 ラジオ体操のような自宅でできる運動でも、筋肉の衰え予防に役立ちます。スクワットなど足腰の筋肉を強める抵抗運動も有効です。

③日の当たるところで散歩くらいの運動を心掛けましょう
 天気が良ければ、屋外など開放された場所で身体を動かしましょう。散歩はお勧めです。ただし、人混みは避けましょう。

④しっかりバランス良く食べましょう
 多様性に富んだ食事を3食欠かさず食べることを意識しましょう。しっかりバランス良く食べて栄養をとり、身体の調子を整えましょう。免疫力を維持することにも役立ちます。さらに身体(特に筋肉)を作る大切な栄養素であるタンパク質をしっかりとることが大切です。
※食事の制限を受けている人はかかりつけ医の指示に従ってください。

★ 当院の理学療法士がYoutubeにて自宅でも行える、筋力を維持・向上させるための運動を紹介していますので、良ければご覧になってみて下さい。
リンク

© Ryokushun Hospital. All rights Reserved.