医療方針

緑駿病院の医療に対する考え方


慢性期医療

高度急性期治療後の患者の疾病やその治療によって傷害された身体的環境の悪化に対する治療を総合的に実施し、疾病前の状態に回復し、可能な限り元の生活に戻していくこと。

医学的治療だけでなく、リハビリテーション、看護・介護ケア、栄養ケアなど、様々な方面からサポートする必要があり、これらを実行することが慢性期医療の努めであること。


今後の療養病床の役割は、大きく2つの機能に分かれます
  • 急性期治療後を受け持つ
    長期急性期病床
  • 難病や重い後遺症を受け持つ
    長期慢性期病床
「慢性期病院」といえども急性期治療機能を持っていなければならない


医療理念

医師を始め、当院の医療従事者は患者の命をできる限り支え守る。病気を回復させることを努力して行う。

医療内容

・高齢者に対する身体的・精神的援助を行う。
・神経難病など特殊疾患の患者対応を行う。
・がんなど重症患者への緩和的ケアを行う。
・身体及び精神機能の回復・維持を目的としたリハビリ医療を実施する。
・患者の治療・生活環境を鑑み、胃瘻、気管切開等の造設処置をすることもある。

医療チームとしての病院

  • 医師については、病気の人を真剣に治療し、その命を守り、病気を回復させることを理念として、使命を持って働く。
  • 看護師及び看護助手、療養士、事務員については、慢性期病棟において、皆が重要な役割をもっていることを自覚する。
  • 各々の部門がそれぞれの役割を持つ。



メニューを閉じる