病棟紹介

人工呼吸器、中心静脈栄養等の医療が必要な状態、神経難病を含む特定疾患に罹患してる状態、 癌のターミナル状態等の、医療区分2・3に該当する患者様を中心に診療しております。
また、患者様の状態に合わせて目標を設定したうえでの様々なリハビリテーションを提供しています。


2階病棟 特殊疾患病棟


  • 2階病棟平面図

    神経難病(ALSやミオパチー等)の重傷者も入院されています。当院では最も重症度の高い病棟といえます。気管内吸引をする頻度が高いことも特徴です。
  • 3階病棟ナースステーション


    • 対応する診療科  特殊疾患(神経難病)
    • 病床数      60床
    • 人員配置     看護師20:1、看護助手20:1
    • 算定入院料   特殊疾患病棟入院料(Ⅰ)



2階病棟紹介








3階病棟 医療療養病棟


  • 3階病棟平面図

    主に呼吸管理が重要で、人工呼吸器が20台前後稼働しています。主な診療の補助業務は点滴管理やIVH管理ですので、新病院では、看護独自の専門性を追求したいと思っています。
  • 3階病棟ナースステーション


    • 対応する診療科  療養
    • 病床数      60床
    • 人員配置     看護師20:1、看護助手20:1
    • 算定入院料   療養病棟入院基本料(1)



3階病棟紹介








4階病棟 医療療養病棟


  • 4階病棟平面図



    点滴管理やIVH管理の対象者が10名から20名で、夕食の介助は、リハビリスタッフと共に患者様と充分に向き合うことができます。
  • 4階病棟ナースステーション


    • 対応する診療科  療養
    • 病床数      60床
    • 人員配置     看護師20:1、看護助手20:1
    • 算定入院料   療養病棟入院基本料(1)



4階病棟紹介






メニューを閉じる