7月の食べる元気「さっぱり美味しい豚しゃぶ!」


今月は患者食のご紹介です★ メニューは、豚しゃぶでした!

冷しゃぶとも言いますが、暑い時期にはあっさりと美味しいメニューですよね^^

皆さんは、しゃぶしゃぶといえば牛肉と豚肉どちらを思い浮かべますか??

兵庫県出身の筆者にとって、しゃぶしゃぶといえばもちろん牛肉。豚を使うときは、わざわざ「豚しゃぶ」と呼んでいました。

ですが、静岡県出身の方は全く逆で、しゃぶしゃぶの基本は豚で、牛の時は「牛しゃぶ」と呼ぶそうなんです!

関東と関西の違いがこんなところにもあったんですね!

本日の献立

ごはん
豚しゃぶ
ちくわとピーマンの炒め物
パイン
ヤクルト
670kal


いちはやく

コロナが終息しますように

願いを込めて...☆ミ

 

 

 

 

 

 


管理栄養士からのひとこと

今月の食べる元気は、『豚しゃぶ』です。気温も高くなり、雨でじめじめとしたこの時期には、さっぱりとしたメニューが好まれ、患者様からは食べやすい、涼しくていいね、という声がありました(*^^*)

食欲が低下しがちなこれからの季節は、食べ物を工夫することが大切ですね!

今回は、豚肉の栄養素についてご紹介します。

様々な栄養素が含まれていますが、特に注目されているのは、『ビタミンB1』です。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換する働きがあり、疲労回復に効果的です。

ビタミンB1は水溶性で、水に溶けやすい性質を持っています。煮る・茹でる等水を使った調理法よりも、

油で炒める・焼く・揚げる方がより効率的に摂取できます。

豚肉は、普段から食べる機会が多いと思います。これからの暑い季節を乗り切るために、

夏バテしない体づくりを心掛けていきましょう☆

 


2020年7月14日 | カテゴリー 食べる元気 

メニューを閉じる