1月の食べる元気「鰤かつ丼」


 皆様あけましておめでとうございます!平成最後の年となる2019年ですが、無事に新元号を迎えられるよう職員一丸となってがんばってまいりますのでよろしくお願いいたします。

さて、今月の食べる元気は職員食の「鰤かつ丼」です。ブリはお刺身や照り焼きにして食べるのが主だと思われますが、フライを丼ものにして食べることはなかったため、少し調べてみましたところ、2010年に佐渡で誕生したご当地グルメだそうです。

ブリカツには甘辛の醤油だれがかかっており、ほどよくさっぱりした後味でとてもおいしいと感じました。

お魚が苦手なお子様でも食べられるかもしれませんね♪ぜひお試しください。

 

本日の献立

鰤かつ丼
野菜と卵の炒め物
マカロニサラダ
味噌汁



管理栄養士からのひとこと

新年あけましておめでとうございます!今年もしっかり食べて、元気に過ごしていきましょう!!
さて、2019年は『鰤かつ丼』からのスタートです。鰤は、12月(師走)に美味しい魚ということから、魚偏に師と書き、成長に応じて呼び名が変わり、縁起の良い『出世魚』といわれています。
鰤に含まれる脂質には、DHAやEPAが豊富に含まれており、脳機能の向上や脂質代謝の改善効果があります。また、あらまで食べられる利用価値の高い魚であり、様々な調理法で楽しめます♪
脂肪が多い魚なので、下処理の仕方が料理を美味しく仕上げるポイントです☆ミ


2019年3月28日 | カテゴリー 食べる元気 

メニューを閉じる