食べる元気


1 / 612345...最後 »

8月の食べる元気「コロナに負けるな!だしチキンカツとろろソース丼★」

8月は職員食のご紹介!
「だしチキンカツとろろソース丼」と名前を聞くだけでも美味しさ伝わる、コロナにも負けない栄養満点
ヘルシーメニューです!!
甘辛のあったかおだしに浸ったホロホロのチキンカツの上にはとろろが♬
名前の通り美味でした!><b

とろろとは、生の山芋または長芋をすり下ろしたものですが、山芋にはでんぷん分解酵素のアミラーゼやジアスターゼをはじめ、ムチン、コリン、サポニン、食物繊維などの有効成分が含まれるため、以下のような健康に対する効果が期待できるそうです!!

  • 消化や吸収を助ける効果
  • コレステロール値や血糖値を低下させる効果
  • 高血圧や動脈硬化を予防する効果
  • 便秘を解消する効果
美味しくて、ヘルシーかつ栄養満点。最強食材ですね!!

本日の献立

だしチキンカツとろろソース丼
なます
高野豆腐の煮物
味噌汁
561kcal


どっかーん!と暑さを吹き飛ばそう!!

管理栄養士からのひとこと

 毎日暑い日が続いていますね…。夏バテで食欲が落ちたり、また冷たい飲食物を摂られている方も多いのではないでしょうか。今月は職員食よりフェア食の紹介です。~コロナに負けるな!免疫力を高めよう~

という事で、チキンカツにとろろソースをかけたボリューム満点のメニューを提供しました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、テレビをつければ毎日コロナウイルス感染のニュース、また外出自粛により、外へ出掛ける事が制限されたりとストレスも溜まる一方で、体調を崩されたりする方も多いのでは…(>_<)

そんな時だからこそ、コロナに負けない健康な体づくりが大切です。一日3食規則正しく食べ、たくさんの種類の食材を摂りましょう。免疫力を高め、感染症に負けない体をつくり、今年の夏も元気に乗り切りましょう!

 



7月の食べる元気「さっぱり美味しい豚しゃぶ!」

今月は患者食のご紹介です★ メニューは、豚しゃぶでした!

冷しゃぶとも言いますが、暑い時期にはあっさりと美味しいメニューですよね^^

皆さんは、しゃぶしゃぶといえば牛肉と豚肉どちらを思い浮かべますか??

兵庫県出身の筆者にとって、しゃぶしゃぶといえばもちろん牛肉。豚を使うときは、わざわざ「豚しゃぶ」と呼んでいました。

ですが、静岡県出身の方は全く逆で、しゃぶしゃぶの基本は豚で、牛の時は「牛しゃぶ」と呼ぶそうなんです!

関東と関西の違いがこんなところにもあったんですね!

本日の献立

ごはん
豚しゃぶ
ちくわとピーマンの炒め物
パイン
ヤクルト
670kal


いちはやく

コロナが終息しますように

願いを込めて...☆ミ

 

 

 

 

 

 


管理栄養士からのひとこと

今月の食べる元気は、『豚しゃぶ』です。気温も高くなり、雨でじめじめとしたこの時期には、さっぱりとしたメニューが好まれ、患者様からは食べやすい、涼しくていいね、という声がありました(*^^*)

食欲が低下しがちなこれからの季節は、食べ物を工夫することが大切ですね!

今回は、豚肉の栄養素についてご紹介します。

様々な栄養素が含まれていますが、特に注目されているのは、『ビタミンB1』です。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換する働きがあり、疲労回復に効果的です。

ビタミンB1は水溶性で、水に溶けやすい性質を持っています。煮る・茹でる等水を使った調理法よりも、

油で炒める・焼く・揚げる方がより効率的に摂取できます。

豚肉は、普段から食べる機会が多いと思います。これからの暑い季節を乗り切るために、

夏バテしない体づくりを心掛けていきましょう☆

 



6月の食べる元気「梅雨入りメニュー!」

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今月の食べる元気は日本人の国民的料理である天ぷらの語源についてご紹介します!

日本に天ぷらの調理法が伝わったのは室町時代で、鉄砲の伝来とともに”南蛮料理”としてポルトガルから伝わったとされ、ポルトガル語の「テンポーラ」が語源という説があります。カトリックでは、四季に行う斎日(テンポーラ)で祈祷と断食を行い、その間は肉食を禁じ、代わりに野菜や魚に小麦粉で衣をつけて揚げた料理を食べていたそうですよ!!
実は外国の料理が語源になっていたんですね、初めて知りました。。。
室町時代から日本人に愛されている天ぷら、、、是非ご賞味ください!

本日の献立

豆ご飯
天ぷら盛り合わせ
大根の酢の物
にゅう麺
あじさいゼリー
532kal


梅雨をイメージして作りました。



管理栄養士からのひとこと

梅雨入りし雨が多い季節となりました。蒸し暑くジメジメして食欲も落ち、気持ちもどんよりしますね・・・。

今月の食べる元気は、梅雨の時期を元気に過ごす為の食欲を増進させるメニューです。

豆ご飯のグリンピースは、たんぱく質・食物繊維・ビタミンなどバランスよく含まれています。

特にビタミンB1は野菜の中でもトップクラスに含まれており、疲労回復に効果があります。

また大根の酢の物は、お酢の匂いや味で食欲を増進させてくれます。そして胃液を分泌させ、

消化機能をアップさせてくれます。暑い時期でも酸味でさっぱりと食べ物を美味しく感じられ、色んな料理にあう調味料ですね。

暑さで食欲が低下しがちな時期ですが、冷たい物ばかりではなく、旬の食材や調味料をいかして

食欲をアップさせ栄養をしっかり摂り、梅雨の時期を元気に乗り切りましょう(*^^*)

 

 



5月の食べる元気「エビチリ」

今月は患者食のご紹介です!!
メニューは、大衆的な店から高級店までたいていの店のメニューに並んでいるエビチリでした^^
エビのチリソース炒め、エビのチリソース煮の略称ですが、なんとチリソースは使用していません!調べるまで知りませんでした!!
一般的な中華料理として知られていますが、実は日本で生まれた創作中華料理で、中国には無いそうなんです!意外。。四川料理の”乾焼蝦仁”(ガンシャオシャーレン)が元となっているとも言われています★
大きく分けて殻付きのものと殻を取り除いたものがあるそうで、殻付きは食べにくい代わりに旨みが逃げずにより美味しくできるそうです!!殻付きも食べてみたいですね!!

本日の献立

ごはん
エビチリ
じゃが芋の白煮
ナムル

508 kcal
 子供の日をイメージして、作りました。

当院のランチョンマットは
たんぽぽ保育園の保育士が
制作しております


管理栄養士からのひとこと

今月の食べる元気は、『エビチリ』です。ぷりぷりのエビに、ピリッと辛味のあるエビチリは、ご飯がすすむ一品ですね!
えびに含まれるビタミンEは、抗酸化作用やホルモンバランスを整える効果があり、生理不順や更年期の方に効能が期待されています。また、えびの殻にはアスタキサンチンが含まれ、美肌効果や脂質の代謝にも効果的で、体脂肪が効率よく消費されます。たんぱく質やカルシウムも豊富で、からだに嬉しい、様々な栄養があります。しかし、食べ過ぎには注意しましょう(>_<)
プリン体が多く、長年の蓄積により痛風の原因となります。また、エビ自体のカロリーは低いのですが、油との相性が良いため、調理法によっては高カロリーに変身してしまいます。
調理法を工夫したり、食べ過ぎに注意することで、健康に役立つ食材です☆ミ
ぜひ、みなさんも食卓に取り入れてみて下さい(*^^*)



4月の食べる元気「お花見メニュー」

あたたかな日差しを感じる今日この頃、過ごしやすい季節になってきました。4月の食べる元気はそんな柔らかな春を感じることができるお花見メニューです♡季節の変わり目、体調を崩しやすいころではありますが、おいしい食事をとって元気に令和2年度のスタートを切りましょう!
 さて、お花見メニューということで今見ごろの桜、ソメイヨシノについて。ソメイヨシノの花言葉は「純潔」「優れた美人」。その花の美しさをしとやかな女性に例えたことからこの花言葉がつけられたとのことです。私たちが桜と聞いて真っ先に思い浮かぶソメイヨシノですが、実は各地にある樹はすべて人の手によって挿し木などで増やされたクローンであると言われています。その分環境の変化に弱いとも…。
毎年美しい花を見られることに感謝して、マナーを守って楽しみたいですね。

本日の献立

五目ちらし
春野菜のかき揚げ
じゃこ和え
さくらゼリー
すまし汁

541 kcal
 心も体もウキウキする春をイメージして作りました。

当院のランチョンマットは
たんぽぽ保育園の保育士が
制作しております


管理栄養士からのひとこと

今回はお花見メニューの紹介です。
各地で桜が開花し、お花見の季節となりました。今年は暖冬の影響で例年より開花が少し早いですね。
今回は春らしく彩り鮮やかで春野菜を多く使用したメニューとなっています。
柔らかい食感と独特の香り・苦みが春野菜ならでは。
冬の間は代謝が低下し、老廃物が体に溜まりがち・・・。
そんな体の老廃物や毒素を排出してくれるデトックス効果が春野菜にはあり、またビタミンも豊富に含まれており免疫力アップ、疲労回復効果もあります。

みなさんも季節限定の春野菜を食卓に取りいれて、春野菜のパワーで元気に過ごしましょう!!!



3月の食べる元気「ひな祭りメニュー」

ひな祭りということで、おひなちらし!! ひな祭りの由来は中国から伝わった「五節句」という行事のひとつ「上巳」。季節の節目を意味する「節」のころは、昔から邪気が入りやすいとされていました!五節句のひとつ上巳には、中国では川で身を清める習慣がありましたが、日本では紙などで作った人形で自分の体を撫でて穢れを移し川に流すことで邪気祓いをする行事として広がっていきました^^人形を流して邪気をはらうこの風習が、現在でも残るひな祭りの行事「流し雛」のルーツと言われています!
当院のリハビリ室にも立派なひな人形が飾られていますよ♪

本日の献立

おひなちらし
天ぷら
3色ババロア
お吸い物

593 kcal
 女の子の健やかな成長を願って作りました。

当院のランチョンマットは
たんぽぽ保育園の保育士が
制作しております


管理栄養士からのひとこと

今月は「ひな祭りメニュー」の紹介です。ひな祭りといえばちらし寿司ですね。
美味しいちらし寿司の決め手は具材も大事ですが、なんといっても酢飯が大事ですよね!
今回はお寿司には欠かせないお酢について少し紹介します。
お酢に含まれる酢酸は体に入るとクエン酸に変身します。クエン酸には健康や美容効果に役立つといわれています。
腸内環境を整えたり、疲労回復、肌荒れ防止と体に嬉しい効果があり、健康維持のためには1日大さじ1杯とると良いといわれています。
またお酢は世界に約4000種類あるといわれており、果物や蜂蜜から作られたお酢もあります。
日本だけではなく世界中で親しまれている調味料です。
みなさんもいろんなお酢を料理や飲み物に取り入れてみてはいかがでしょうか。



2月の食べる元気「節分メニュー」

今年の冬は例年に比べると暖かい日が多かったように思いますが、2月に入り、少し寒くなってきましたね。
さて、そんな2月の食べる元気は節分という事で「恵方巻」です!!皆さん、今年の恵方はどの方角か、もちろん知っていますよね?そう!今年の恵方は「西南西」です(^^)/恵方を向いて太巻きを1人1本、喋らずに食べると願い事が叶うともいわれています♬皆さんの願いは何ですか?自分の事、家族の事、それぞれの願い事があると思いますが、その願い事が叶うと良いですね。
まだまだ寒い日が続きますが、風邪などに気を付けて今年も1年元気に過ごしましょう。

本日の献立

助六
菜の花のからし和え
玉子ボーロ
清汁

538 kcal
 鬼はそと、福はうち
みなさんのところにも沢山の福が来ますように

当院のランチョンマットは
たんぽぽ保育園の保育士が
制作しております


管理栄養士からのひとこと

鬼はそと、福はうち!!2月の食べる元気は、『節分メニュー』の紹介です。
当院の巻き寿司は、海苔の代わりに玉子で巻き上げ、嚥下に配慮したものになっています。
巻き寿司やいなり寿司は、好んで食べられる患者さんが多く、とても喜んでいただけました(*^^*)
なぜ、2月3日を節分というのか皆さんご存知ですか?節分という言葉には、『季節を分ける』という意味があります。昔日本では、春は一年の始まりとされ、特に大切にされたそうです。暦の上で春が始まる日を立春(2月4日頃)。そのため、春が始まる前日2月3日、冬と春を分ける日を節分と呼ぶようになったといわれています。
また、恵方巻は大阪発祥で、関西地方を中心に親しまれていたそうです。今では、全国的に恒例の風習となりましたね。



1月の食べる元気「さばの味噌煮」

令和元年も早くも終わり、令和2年最初の食べる元気のメインは、さばの味噌煮でした!
サバはスズキ目サバ科のお魚で、真サバやごまサバがいます。特徴は背の部分の「青緑の縞模様」ですね!
漢字で「鯖」と魚に青(靑)と書くのは青い背中が特徴的だからです^^ さて、サバですが、なんで「サバ」と言うか知っていますか?これはサバには小さい歯が多いことから「小(さ)歯(ば)」「狭(さ)歯(ば)」と呼ぶようになり、サバになったとのことだそうです♪
サバは「脂っぽい」というイメージがありますが、この脂こそ薬効成分。EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれているからです!!EPAは動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの予防に効果があり、DHAは高血圧、肝臓病などの生活習慣病予防に効果があります。他にタウリン、ビタミンDも豊富で、コレステロールの排泄を促します!! 皆さんもサバをとって健康第一で^^

 

本日の献立

ごはん
さばの味噌煮
しろ菜のドレッシング和え
洋なし
ヤクルト

581 kcal
 あけましておめでとうございます。
今年も笑顔で過ごせますように!

当院のランチョンマットは
たんぽぽ保育園の保育士が
制作しております


管理栄養士からのひとこと

 1月22日の患者食献立は「さばの味噌煮」でした(*^-^*)
最近はTVなどで、”さばの水煮缶”がスーパーフードだと紹介されているのですが、ご覧になったことはありますか?スーパーフードと言われる所以は、生のさばをそのまま缶に詰めて加熱しているので、①調理の過程で喪失してしまいがちな水溶性の栄養素や、栄養たっぷりの油が流れでずに缶の中にまるごと閉じ込められている。②骨ごとやわらかく食べられるのでカルシウムやビタミンDがたっぷり含まれる。などなど・・・さばの水煮缶には体に良い効果がたくさんあります。使用する際は、この栄養たっぷりの汁も捨てず、調理に利用してみて下さいね☆ミ



12月の食べる元気「クリスマスメニュー」

12月と言えばクリスマスですね☆町を歩いていると、どこを見渡してもクリスマスツリーやイルミネーションでいっぱいです。緑駿病院でも12月に入りクリスマスツリーを飾っていますが、皆さんはお気づきでしょうか?ご来院の際は、ぜひ探してみてください(^^♪
 そんな緑駿病院 12月の食べる元気はクリスマスメニューのご紹介です!クリスマスにはやっぱりチキン!という事で、ローストチキンの登場です♫皆さんのご自宅ではフライドチキンにされる方が多いのではないでしょうか。ローストチキンはとても柔らかく、どの年代の方にも食べやすい料理ですので、ぜひ一度お試しください☆

 

本日の献立

エビピラフ
ローストチキン
コンソメスープ
ケーキ

583 kcal
 サンタが街にやって来る。
皆さんの所にもサンタがやって来ますように♬

当院のランチョンマットは
たんぽぽ保育園の保育士が
制作しております


管理栄養士からのひとこと

 今年もクリスマスがやってきました!イルミネーションをみたり、クリスマスソングを聴くとワクワクしますね♪チキンやケーキをたくさん食べて、夜はサンタさんにプレゼントをお願いしていたのを思い出します(*^^*)当院でも、クリスマスメニューを提供しました。皆さんに美味しい!と、喜んでいただけました。
クリスマスにお正月と楽しいことが待っているこの時期、インフルエンザも流行しています。
体調を崩さない様、からだを休めて、バランスの良い食事を心がけましょう。



11月の食べる元気「職員食:からあげ」

今月の「食べる元気」は職員食のご紹介です。本日はみんな大好きからあげでした♪ 
サクサクでシューシーなからあげはご飯が進み、思わずおかわりしちゃいました^^ 
今日のからあげの横にはレモンが付いていましたが、「からあげに何をかけるのか」という質問国民調査では以下の結果となっておりました☆
第1位:レモン 2,355票  第2位:何もかけない 2,284票  第3位:マヨネーズ 1,880票
1位は安定というか鉄板中の鉄板である「レモン」。本日の職員食もレモンがついており、お店での付け合わせとして出てくる頻度も圧倒的に高いので、納得の結果です!  2位がまさかの「何もかけない」!意外な答えで、なるほどです。皆さんはからあげに何をつけて食べますか?♪

 

本日の献立

ごはん
からあげ
冷やっこ
ピーマンとちくわのソテー
コンソメスープ

612 kcal
 紅葉をイメージしました。

当院のランチョンマットは
たんぽぽ保育園の保育士が
制作しております


管理栄養士からのひとこと

今月は、職員食メニューから『からあげ』の紹介です。外はカリッと、中はジューシー。
大人気のメニューです!食卓のメインやお弁当のおかず、お酒のおつまみとして子供から大人まで、みんな大好きですよね♪
鶏肉のたんぱく質には、必須アミノ酸がバランスよく含まれており、からだの組織をつくったり、免疫力を高める働きを担っています。カロリーが気になる方も多いと思いますが、ビタミン類なども含まれており、からだに嬉しい効果があります☆ミ
食べ過ぎには注意してくださいね(*^^*)



1 / 612345...最後 »

メニューを閉じる