お知らせ


12 / 12« 先頭...89101112

第1回「消防訓練」実施しました

10月28日(水)新病院で第1回目の消防訓練を実施しました。
新しいビルなので、小野消防署に様々なアドバイスを受けながら実施しました。以下の事柄について説明を受け、使用方法を学びました。

訓練内容

  1. 通報訓練、防災センターを兼ねた総務事務室に配置してある受信機について説明を受けました。自動的に消防署とオンラインされているので有事の時に慌てず安心です。

  2. 屋内の消火用散水栓の配置場所の確認と使用方法、実際に屋外で散水を体験しました。

  3. 消火器の配置場所の確認と使用方法、実際に水の入った消火器を使用しました。

  4. スプリンクラーについて、原理と機械室での説明を受けました。

  5. 避難誘導の説明を聴き、避難経路の確認をしました。
syoubou2 syoubou1 syoubou3


syoubou4 syoubou5 syoubou6


 

参加者の感想

  • 今回、消防訓練を実施し、改めて突然の災害時に冷静に対処する重要性を学びました。また、これからは患者さんをどのように守っていくかという事が重要になってきます。人命を預かり守っていけるよう、日々努力を重ねていきたいと思います。

  • 屋内散水栓を初めて体験し、実際の水圧などを体感できたことがよかった。

  • 新しい病院での火災や消火設備について知ることができ安心しました。万が一に備え、病院として安全に対ししっかりと取り組んでいきたいと思いました。

  • 防火管理者の進行がきちんとして、説明もしっかりしていて頼もしく思いました。

  • 最新の防火設備と機器が配置されていて、安全で安心のビルだと思いました。

  • スプリンクラーが起動するので、火災は初期で食い止められそうですが、電子カルテなので後の水害に注意が必要と感じました。

  • 消防設備の配置や避難誘導経路の基礎部分がよくわかりました。
 

次回は総合訓練です。

次回の消防訓練の課題は、避難訓練です。避難経路の確認と避難方法、誘導方法です。実際に患者様を避難経路に従って、速やかに安全に誘導できるか。頑張りたいと思います。

 

 



10月の食べる元気「ハロウィン」

10月の「食べる元気」は、ハロウィンにちなんだ当院の「行事食」でした。

eiyo01
★メニューはこちら

  • エビピラフ
  • かぼちゃのコロッケ
  • 大根サラダ
  • コンソメスープ
  • かぼちゃプリン
今月の行事食は、ハロウィンにちなんだ内容といたしました。
ハロウィンの語源は、「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」が短縮 された「Halloween」で、「Hallowe’en」とも表記されています。また、ハロウィンでは仮装した子どもたちが「お菓子をくれないとイタズラするぞ♪」と言って近所の家からお菓子を貰う由来は、農民が祭り用の食材を貰って歩いたさまを真似たものと言われています。
ハロウィンでは黒地にカボチャカラーが目立ちますよね!
カボチャを食材としたコロッケは、甘みがいつもと「ん・・」少し違う美味さ♪
デザートのプリンは、「んん・・」サツマイモの甘みに似た、なんとも優しいお味♪

管理栄養士から一言

ハロウィンといえば〝かぼちゃ〟
〝かぼちゃ〟といえば〝緑黄色野菜〟の代表で、〝β-カロテン〟を多く含む食品です。
〝β-カロテン〟は体内で〝ビタミンA〟に変換されますが、その効果は免疫力維持などに発揮され、これからの季節、力強い味方となってくれる食品です。
〝ビタミンA〟は〝油〟と一緒に摂ると吸収率が上がりますので、今晩のおかずに〝かぼちゃのきんぴら〟などいかがでしょうか。



「看護師募集」サイトOPENしました!



緑駿病院の看護部サイトが新しくOPENしました。

職場でのスタッフの様子や、ワークライフバランスなど、分かりやすく紹介しております。

是非一度、ご覧ください♪

nurse



第3回「管理者養成研修会」行いました

10月13日(火)に第3回目となる「管理者養成研修会」が開催されました。

学んだこと

第3回目の管理者養成研修会です♪

今回は、講義方式とグループワークで行いました。
「他者理解」「RCA(根本原因分析)」「事例検討」を中心に学びました。
 

感想

今回の講義はグループワークを中心に行われたこともあり、受講生一人一人、自分なりの意見を積極的に伝えていました。また、スキーマ(対象に対する一般的知識「~とは・・・というものである」)を学ぶことで、他者理解を深め、歪んだスキーマでは病的な人を理解することが出来たと思います。

RCAでは、当院で起きた実際の事例を基にグループワークを行い、「なぜ・なぜ・なぜ・なぜ・なぜ」を考えることで、何が原因で、どのように対応すれば良かったのかを深く考えることができました。
今後も、同じインシデント・アクシデントが起きないようにこのような分析ツールを利用してエラーを防止していきます。

kensyu1  kensyu2

kensyu3  kensyu4
 



管理者養成研修会始まりました!

院内研修会が始まりました♪

新病院の建設や新病院への移転、電子カルテの導入があり、院内研修がなかなか始められない状況でした。
この度、8月の電子カルテ導入から1ヶ月が経過し、ようやく院内研修が始まりました。これまで、患者様を中心に考え様々なイベントの企画等全職員が頑張ったと思います。

9月からは「管理者養成研修」として、各部署の管理者に必要な知識及び技術面の見直しと取得を目的として研修会が始まりました。これから毎月1回のペースで、以下の内容で開催される予定です。
第1回 管理、管理者、リーダーシップ
第2回 日本人のコミュニケーション
第3回 適応・不適応、コーピング
第4回 他者理解、認知・病的認知
第5回 医療経済、会計、勤務表の持つ価値
第6回 目標による管理、コーチング
第7回 コミュニケーションスキル事例、面接マニュアル



第1回目の管理、管理者、リーダーシップを行いました。

「管理とはなにか」「管理者として必要な能力」「概念化能力の必要性」などを中心に学びました。
kensyu1新近効果
最後に残る表現がプラスであれば、相手にもプラスに残る。最後の表現が残る。
例)「君は何でもよくできるのに、どうしてこれができないんだ」と「今回はできなかったが、君が何でもよくできることはわかっている」
さて、あなたならどっちで表現されると傷つかず「やる気」につながりますか?
リーダーは、「その気」にさせ⇒「やる気」になり⇒「本気」で取り組む、このプロセスが動機の強化につながることを知っている。
(研修会参加者の様子) 

感想

現職の管理職だけではなく未来の管理職候補者も真剣でした。質疑応答では、「勇気をくじくメッセージ・勇気付けるメッセージ」について質問があり、「普段から勇気をくじくメッセージも使っていることに改めて気づかされたことを知り、これからの研修を通してもっと深めていきたいと思います。」という参加者からの言葉がありました。
経営・管理学という社会科学分野の聞きなれない言葉が多く、「聞きなれない言葉ですが、徐々に慣れていきます。心配しないでください。」と講師から不安を軽くする言葉もあり、受講生の次回からの「やる気」に繋がったのではないでしょうか。



平成27年度 小野匠工業会「交通安全標語」選考

 

当院から2名入選しました。

優秀賞 『「止まるだろう」 勝手な思いが 事故のもと 』

佳作 『 便利でも 事故の原因 スマートフォン 』

 

交通安全標語平成27年9月17日匠台テクノプラザにおいて交通安全標語の表彰式が行われました。
(応募総数526件、17社、推薦81件)

厳しい選考を勝ち進み、見事に当院に勤務する2人が表彰されました。
表彰者からは「日常生活上様々な場面で事故は起こり得るものだと実感し、普段以上に交通に気をつけるようになりました」と素晴らしい感想を聴くことができました♪

みなさん!!事故を1つでも減らすためには、まずは、自分自身がみんなのお手本となるようにしなければいけませんね!!



小野市介護老人保健施設事業者に選ばれました。


i_access_outside
緑駿病院が小野市介護老人保健施設事業者に選ばれました。

小野市復井町の旧病院を改造し、平成29年1月より80床の介護老人保健施設がスタートする予定です。

工事の様子など、少しずつ更新していきたいと思っておりますので、お楽しみにしていてください。


小野市ホームページへ




ホームページリニューアルいたしました!

この度、新病院に移転しましたので、ホームページもリニューアルいたしました。

今後は定期的に緑駿病院の様々な情報を更新していきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

2




12 / 12« 先頭...89101112

メニューを閉じる